トーニョ・フットボール・アカデミー

人間力を育てるサッカートレーニング

世界で活躍する日本人選手や、ヨーロッパや南米のスタープレイヤーたちの影響で、今やサッカー選手は子どもたちが憧れる職業のひとつになりました。
サッカーの素早いゲーム展開の中で、チームに貢献する結果を出すためには、「自分自身で次のプレイを決める決断力」「シュートを打つ勇気」「仲間を信頼する協調性」など、サッカーの技術以外に人間として身につけるべき大切な要素「人間力」が含まれています。
国内外の優秀なサッカーコーチがサッカーの指導を通じて、子どもたちに楽しみながら人間力を育てるサッカークリニックを提供します。
スペイン人コーチによるサッカークリニック FCバルセロナ、レアルマドリードなど、現在世界のサッカー界をリードするクラブ チームが競い合う国、スペイン。他のヨーロッパ選手と比較すると体格的に劣るスペ インのサッカー選手は、それを補うための戦術やテクニックを徹底的に練習します。
スペインでサッカーの指導にあたる有能なコーチを招き、日本の子どもたちに本場 のサッカートレーニングを体験できるプログラムを提供します。 自治体や地元企業・団体様に主催していただき、当協会がスペイン人サッカーコーチ および通訳を派遣する形態で実施いたします。

講師プロフィール

ジェシカ・ロドリゲス・バルコホ 元スペイン女子サッカー代表。引退後、スペイン・バルセロナにて、FCバルセロナ、RCD Español等の有名チーム直営スクールのコーチを務める。
また、バルセロナの地域クラブでは、育成部門の最高責任者としてコーチング技術の提供も行なっている。

ジェシカ・ロドリゲス・バルコホ


『人間力を育てるサッカートレーニング』におけるテクニケーション

世界で活躍する世界的なサッカー選手は、子どもの頃からサッカー選手としてだけではなく、人間として大切な技術を習得するためのトレーニングを受けてきました。
私たちが日本の子どもたちにサッカーを通じて教えたいのは「自分で考えて決断し、行動することの大切さ」です。
試合中の素早い局面において、一流選手たちに要求されるのは、状況判断力と決断力、行動力です。
サッカーだけでなく、ほかのあらゆる分野で活躍するために欠かすことのできないこの能力を、楽しみながら修得できるプログラムです。